タイピングにはまっている


今日はタイピングの練習をしていました。

僕は以前に事務職をしていたのですが、その職場には
タイピングがとても速い上司がいました。

横ですごいなと思いながらも
なんとなくタイピングには興味があったので
一人で勝手に対抗心を燃やしていました(笑)

そんな経験があったので、タイピングが
速くなりたいなぁと日々練習しています。

なんでタイピングが好きなのかって?

それは僕にもわかりません(笑)
好きなものに理由なんてないと思います。

練習の仕方はというと、
インターネットから適当な文章をみつけてきて
10分間計りできるだけミスなく入力するという、
10分間タイピングというやつです。

日々の記録はエクセルに入力し、
日付ごとに入力文字数とミスの数、
計算で正答率を打ち出す。

最初は10分間に400文字程度しか入力できず、
更にはミスだらけという有様でしたが、
次第に500、600文字と入力できる数が増えていき
ミスも減っていきました。

僕は数年前に左手を骨折したことがあり
その影響で今でも左手は右手よりも
動きが良くないのですが、

それでも懸命に練習を続け、
今では10分間に700〜800文字以上は余裕をもって
ブラインドでミスなく入力できるようになりました。

やっていくうちに、
ただ速く指を動かせばいいというわけではなく
正確にキーをタイプしようと意識するだけで
総入力文字数は増えていくということが
分かっていきました。

ゆっくり落ち着いてやったほうが
実は結果としてはたくさん入力できるという
急がば回れ的な発想ですね。

左手が不自由だから無理だと決めつけて
タイピングを諦めるのではなく、
それでもやり続けることでいくらでも
速く入力できるようになれるんだなと思いました。

現在は事務職には就いていませんが、
パソコンを使う仕事をするには十分すぎるくらいの
タイピング能力を身につけることができました。

かの有名なバスケット漫画「スラムダンク」では、
「あきらめたらそこで試合終了だよ」
という言葉があります。

今回のタイピングの例でもあるように、
何事にも諦めないことが重要なんだなと思いました!

これはタイピング練習以外のことにも
間違いなく活かせるので、
どんなことも諦めずに信じてやり遂げていこうと
思います!



Copyright © じゅんの科学をちょっと考える日記 All Rights Reserved.